サイト管理者|Shinobu Yatsukawa

岩尾内湖白樺キャンプ場

岩尾内湖キャンプ場は、道内のキャンプ場をあちこち見て回ったときに、なかなか気に入っていたキャンプ場なのですが、なにせ町に遠いのです。
バイクだと買い出しがきつい。
かつ、入浴施設がないのでパスしていたんですが、
今回は車なので、そのあたりの問題は気にならないし、
何よりも、ゆっくりしたかったので、やってきました。

 

スポンサードリンク

 

岩尾内湖キャンプ場 サイトの様子

駐車場のまわりに、少し斜面の白樺林の中のサイトと、
湖寄りのサイトがあります。

岩尾内湖キャンプ場 サイト
↑山側のサイト

岩尾内湖キャンプ場 サイト
↑湖側のサイト

湖畔側のほうが、炊事場が近くて便利。(張る場所によりますが)

部分的にぬかるみができるようなので、雨の心配がある場合は
設営場所に注意が必要です。

岩尾内湖キャンプ場 サイト

入浴施設、買い出し、その他の設備など

炊事場

P8241516

トイレ

トイレは管理等の中。
夜はセンサーライトです。

岩尾内湖キャンプ場 トイレ

多目的トイレは、シャワートイレ。
普通のトイレは、和式と洋式、両方あります。

 

スポンサードリンク

 

泊ってみてわかったこと。

シャワーあり。(8月は夜8時まで。10分300円)
ランドリーあり。(1回400円、乾燥機100円)
お菓子、カップ麺、つまみ類はあるので、飢え死にすることはなさそう。

あ、ビール、発泡酒も売ってます。
350缶のビールが240円なので、まあ良心的ですね。

夕方までは、管理人のおばちゃんがいますが、受付は不要です。

昔は岩尾内温泉というのがあったようですが、今はありません。
15kmほど走ると、朝日町に「朝日地域交流施設 和が舎」というのがあって
そちらで日帰り入浴できます。入浴料は410円。
平日午後2時から、土日は12時から。
士別市朝日町中央4039番地

炊事場は、洗濯不可。
生ゴミは持ち帰り。
(熊出没もときどきあるようなので)

普段のキャンプでは、生ごみは土にかえしていますが、
ここはそういうわけにいかないので、極力生ごみは出さず
野菜の皮などは、乾燥させてから持っていくことにします。

まとめ

そろそろ北海道は寒くなってきました。
暑いときは、それなりに木立で日陰ができるし、
乗り入れ可能なので、買いものさえ済ませてくれば、快適に過ごせそうなキャンプ場です。

夏場は、キャンプ目的ではなく、岩尾内湖でのウィンタースポーツ目当てに道民がやってくる施設でもありますので、週末は割と人がいます。

ブログランキング参加してます♪


人気ブログランキングへ

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ