サイト管理者|Shinobu Yatsukawa

旭川21世紀の森 ふれあいゾーン

旭川21世紀の森は、旭川市が運営している無料のキャンプ場です。
無料の温泉もあって、いいところなんですが、いかんせん、行き止まりなんですよね。何処に行くのにも、ひとまず旭川市内に向けて、20km近く走らないといけない。
ってことで、ツーリングライダーには利用しづらい感はありますが、キャンプ場としてのレベルは高いです。

ここは、4つのゾーンに分かれています。

  • ファミリーゾーン
  • ふれあい広場
  • 宿泊研修ゾーン
  • 21の森 体験ゾーン

出典:http://www.asahikawashi21seikinomori.net/

今回利用したのは、「ふれあい広場」
展望台と、ドッグランがあるサイトです。
森の湯に徒歩圏内ということで、ファミリーゾーンの方がいつも賑わっています。
それぞれに、キャンピングカー専用サイトがあります。

ロケーションは、ふれあい広場の方が断然いい!
乗り入れはできないけど、場内を走る道路?の何ヶ所かに、駐車スペースがあるので、そこに止めて、すぐ脇にテントを張ることができるので、ファミリーゾーンのように、荷物を運びあげることもありません。

サイトの様子。

炊事場。

トイレ。

トイレは洋式もあります。

ドッグランと、ペット連れ専用の駐車スペースがあったり、

犬の糞の捨て場所もあったり、

ペット連れに配慮されたキャンプ場ですね。
とはいえ、あちこちに「リード付で散歩のこと」と明記してあるので、ワンちゃんが苦手な人にもちゃんと配慮されています。
マナーのいい飼い主ばかりとは限りませんからね。

素晴らしいキャンプ場ですが、木立がまったくないので、真夏の炎天下だとちょっとつらいかもしれません。
2つほど東屋はありますが。

まとめ

これで無料でいいの?というレベルの素晴らしいキャンプ場。
あえてデメリットをいうとしたら、これだけの広さで、トイレと炊事場が1つづつしかないのはちょっとつかいづらいかな。
あとは、やっぱり行き止まりってことですね。
真夏に冷たいビールをキュッとやりたいライダーには、ちょっとハードルが高いかも。
まぁ、最近はクーラーボックス持参のライダーも多いので、そこらは事前の買い出しでなんとかなりそうですが。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ