サイト管理者|Shinobu Yatsukawa

仲洞爺キャンプ場

洞爺湖湖畔にはいくつかのキャンプ場がありますが、一番値段が安いのが仲洞爺キャンプ場です。
実はさらに安いキャンプ場(滝之上キャンプ場)があったのですが、2011年より閉鎖となっています。
数年前にチェックしたときは、曙公園、小公園、中央公園は500円だったんですが、今年確認すると700円(小テント)、タープ他は別料金、車は駐車料金が別になっていたので、今回は仲洞爺キャンプ場を利用しました。

【夏の間だけのお出かけ日記】
個人的なつぶやきは、FACEBOOKのほうでやってます♪

スポンサードリンク



仲洞爺キャンプ場 基本情報

  • 所在地:北海道有珠郡壮瞥町字仲洞爺
  • 料金:大人450円・小人340円・キャンピングカー1台300円

サイトは第一キャンプ場、第二キャンプ場、キャンピングカー&トレーラーサイトの3か所があります。

仲洞爺キャンプ場 第一キャンプ場

第一サイトのほうが、トイレ、売店にも近く、炊事場もきれいです。

第一サイトの炊事場

トイレは受付売店の隣。

簡易水洗です。

仲洞爺キャンプ場 第二キャンプ場

第二キャンプ場からの湖畔の眺め。

第二キャンプ場の炊事場。

私が止まったのは、第二キャンプ場。
第二キャンプ場は、車、バイク乗り入れ可。ペットもOKです。

スポンサードリンク



キャンピングカー&トレーラーサイトは、平らな芝生。
こちらに張っても構わないそうです。
平らな芝は気持ちよさそうだけど、お天気がいい日は、さえぎるものが何もないのがちょっと辛いかも。
第二キャンプ場は、かなり、でこぼこしてるので、バイクは要注意。

水遊びをするならば、第一、第二がおすすめ。
今回は、サップをしに来ました。

湖畔には小魚や川エビがいます。
魚は釣れなかったけど、川エビはけっこうすくって取れたので、唐揚げにしてたべゃいました♪

お風呂は、場内にあります。
「来夢人(きむんど)の湯」
入浴料は420円。
畳の休憩室もあって、ビールも良心的な値段だし、お昼は食事もできるので、雨の日に閉じ込められたライダーにはまったりできるいい温泉だと思います。

まとめ

仲洞爺キャンプ場で忘れてはいけないのは、夜の花火。
洞爺湖温泉街では、夏の間ロングラン花火大会を開催しています。
かなり遠めだけど、湖畔から花火が見えます。
時間は
夜8:45からの20分間。
食事を済ませて、ちょっと一息ついたころ。
初めて泊まったけど、また泊まりたいなぁと思ったキャンプ場でした。

スポンサードリンク



コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ