サイト管理者|Shinobu Yatsukawa

小樽の見どころ 観光船

小樽の見どころというと沢山ありますが、ライダーやドライバーには優しくない町です。
というのも、バイクにしろ、車にしろ駐車場所に困るから。まぁ、車の場合は有料駐車場に入れれば済むことですが、バイクだとフェエリーターミナルに停めて、運河辺りまで歩くというのが一般的なところでしょうか。
今回は、観光船に乗ってきましたが、これが失敗・・・

【夏の間だけのお出かけ日記】
個人的なつぶやきは、FACEBOOKのほうでやってます♪

スポンサードリンク



小樽海上観光船

小樽クルージングは種類があります
まずは小樽港から出て、オタモイ海岸までを周遊するのが「小樽海上観光船」
私が乗ったのはこれです。

何で失敗したかというと、小樽港(小樽港第3号ふ頭)発着のオタモイ周遊コースに乗ったんですが、これって、
小樽港~祝津港~オタモイ周遊・・・ここで折り返して
祝津港~小樽港・・・というルートがAコースで、所要時間は90分。料金は2500円。
これが、Aコース。

Bコースは、小樽港~祝津港~オタモイ周遊~祝津港。
所要時間は65分で、料金は1950円。

Cコースは、祝津港~オタモイ周遊~小樽港。
所要時間は65分で、料金は1950円。

Dコースは、祝津港~オタモイ周遊~祝津港着。
所要時間は40分で、料金は1300円。

BコースとCコースは、乗船場所と下船場所が違うので、車だとつかえないってことになります。

 


出典:http://otaru-kankousen.jp/aobato/

結局、見どころは、祝津港~オタモイ周遊なんですよ。
だから、小樽から出る周遊コースは、「小樽港~祝津港」の分の料金と時間が無駄だなぁと思った次第です。
ただし、これは、Aコースの途中からの乗船、下船になるので、窓際の席が取りづらいというデメリットがあります。まぁ、外に出れば問題ありません。
Aコース、Dコースは時期によりますが、平日だと1日2便。
なので、事前に時間を調べてから行ったほうがいいですね。

⇒公式サイトはこちら

こちらが乗り場。

この船に乗ります。

港からカモメが餌欲しさについてきます。
(船内でカモメの餌販売してます。)

祝津港で5分停船。ここでDコースの人が乗ってきます。

遠目に見えるのが、かつて道内屈指の遊園地があった場所。

ここは去年陸からアプローチしてみたところ。
⇒去年のオタモイ海岸の記事はこちら

こちらの、小樽海上観光船を運航しているのは、小樽観光復興公社なんですが、他にも屋台船での小樽湾周遊コースもあります。こちらは夜乗ったほうが夜景が見えて綺麗かと。

スポンサードリンク



ちょっと寄り道

乗船まで時間があったので、お気に入りの「かま栄」に行ってきました。
ここは、バイク用の州者スペースがあるので貴重です!

かま栄の蒲鉾は空港やお土産屋さんで売っていますが、ここに来ると、揚げたてを食べられるのが幸せ♪
こちらのカフェ限定、工場限定メニューもあります。

限定メニューを3つ!

小樽運河クルーズ

こちらは小樽運河を回るクルーズです。
所要時間は40分。
料金は1500円です。
毎00、30の1時間に2便の出航。

発着所は運河沿いなのですぐにわかります。

青の洞窟クルーズ

実は乗りたかったのはこちらなんです。
観光船では、青の洞窟である窓岩を遠目で見るだけ。中には入れなかったんです。
私は入れるもんだとばかり思ってました。

青の洞窟クルーズをやっているのは、こちらの会社です。

北欧産業

  • 電話番号:0134-32-3911
  • 料金:大人5000円 小人3000円
  • 運行時間:9:00、12:00、15:00、17:00
  • 所要時間:90分

ツウセン

  • 電話番号:0134-23-8942
  • 料金:大人5000円 小人2500円
  • 運行時間:9:30、11:30、13:30、17:30
  • 所要時間:90分

小樽グラスボート

  • 電話番号:090-7621-1092
  • 料金:大人5000円 小人2500円
  • 運行時間:9:00、12:00、15:00
  • 所要時間:90分

青の洞窟探検クルーズ

  • 電話番号:0134-28-2181
  • 料金:大人5000円 小人3000円
  • 運行時間:9:00、10:30、12:00、13:30、15:00、16:30、18:00
  • 所要時間:60分

青の洞窟観光

  • 電話番号:090-9087-3489
  • 料金:大人3500円 小人1750円
  • 運行時間:2名~13名。完全予約制。
  • 所要時間:30分

スポンサードリンク



まとめ

何事も下調べが大事だと実感した次第です。
何も考えず、チケットを買った後で、観光パンフレットで、青の洞窟クルーズのことを知った次第です。
まぁ、今年はいいとして来年リベンジかな。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ