サイト管理者|Shinobu Yatsukawa

快適な旅のためのアドバイス

役にたつか、たたないか?私自身の経験でこれは!
と思ったことをまとめてみました。

フェリーでワープ

狭いようで広い日本。ちまちま自走するより、バイクや人間のガス代?を考えたら、フェリーの移動が楽チン 。
そして人間もバイクも磨耗?しません!
ちなみに本州・四国間はまちがいなく料金が安い!(時間はかかるけどね…)

 

スポンサードリンク

 

道の駅を利用しよう

休憩にたちよるだけではなく、まずは無料で置いてある「観光地図」「パンフレット」に目を通しましょう。

管理人
詳しい道案内や、「クーポン券」など、役立つ情報が満載だよ♪
あえて有料の観光ガイドなど必要ないほどです。
また地域によっては「道の駅スタンプラリー」などのイベントや、地元の特産品の格安販売などがあったりもします。

貴重品の取扱い

まず利用金融機関ですが、地方では都市銀行は限られます。やはり郵便局が一番です。
とはいえ、最近ではコンビニなどで手数料無料でATMを利用できる銀行も増えてきたので、自分の銀行がどうか調べておくといいでしょう。ただし北海道では、「セイコーマート」というコンビニがほとんどで、セブンイレブンやローソンは田舎町には少ないのが現状です。

管理人
この記事を書いたのは2003年のこと。
最近はセブンイレブンが増えてきました。
旅人
でも、小さな町にたった1件のコンビニというとやっぱりセイコーマートだね

とにかく現金、カード等は必ず身につけること。
入浴時などは預かってもらえるようなら、それを利用し、鍵のかかるロッカーなどを利用するのが基本ですが、私の場合は防水袋を持ち歩き、入浴時も必ず持って入ることにしています。(ロッカーが有料だったりすると、その分もったいないようで…)時計などは旅用に安物の防水タイプを利用します。(外さない)
高価なデジカメなどについては、気になるようならフロントなどで預かってもらいましょう。(帰りに受取をわすれないように!←ありがちです)

管理人
2014年の旅では、温泉の貴重品ロッカーに財布を忘れてキャンプ場に帰ってしまった~
旅人
コンビニは、土日でもお金が下せるのがいいね。

雨の日の過ごし方

バスや電車などの公共交通機関を利用する

管理人
お酒を飲んでもOKだね!?
図書館や温泉でのんびり過ごす
管理人
地域によっては図書館でネットができたりDVDやビデオを閲覧できるんだよ。
自炊派ならとことんこだわった料理を作る
管理人
じっくり煮詰めるカレーやシチュー、ラーメンスープ、餃子などでみんなでパーティーしよう!
あきらめて移動日に徹する
管理人
ほとんど停まらず走り続ける。かなり距離が稼げるはず。
スポンサードリンク

 

ベースキャンプの勧め

居心地のいいチャンプ場を見つけたら、連泊してしまいましょう。

連泊のメリット
連泊のデメリット
移動型の場合
  1. 行動時間が長く取れる
  2. 空荷で走れる
  3. 自炊の幅が広がる
  4. 情報収集できる
  5. 洗濯ができる
  1. 走行距離が増える
  2. 日程に余裕がないと無理
  3. 荷物が多くなりがち(個人差あり)
  1. 毎日撤収、設営
  2. いい情報も聞くのは夜、翌日は出発で使えない
  3. 洗濯するのにランドリーで数時間かかる

 

バイクロードサービス

バイク ロードサービス株式会社UFJニコス(日本信販)は2005年6月より全国オートバイ協同組合連合会(0120-554-819)と組み、二輪ユーザー向けオリジナル特典付き提携クレジットカード『AJ RIDER’S CARD』を発行しました。他のロードサービスと比べて、断然有利な内容です。
また、北海道二輪商業協同組合(0011-722-2881)も、JACCSと組み、同様のサービスを始めました。

管理人は、AJ RAIER’S CARDに加入しています。
※現在は募集はしていないようです。
実際に旅の途中で2回ほど利用しました。

AJ RAIER’S CARD HMG JAF JBR
入会費 なし なし 2000円 1000円
年会費 1575円※初年度無料
※年間10万以上の利用で無料
無料 4000円 3650円
作業料 30分以内の現場修理作業無料
※部品代自己負担
30分以内の現場修理作業無料
※部品代自己負担
500cc未満=2000円
500cc以上=3000円
けん引料 基本=60kmまで無料
ゴールド=100kmまで無料
プラチナー無制限
※超過分=1km/500円
50kmまで無料
※超過分=1km/500円
5kmまで無料
※超過分=1km/600円
1km/150円
有料道路 通行料金 無料 無料 自己負担
ガス欠 基本=自己負担
ゴールド=5L無料
プラチナ=20L無料
自己負担 自己負担 自己負担
自宅車庫引上げ 無料
※四輪は対応外
無料 5kmまで無料
※超過分=1km/600円
自己負担
特典 車両盗難見舞金
125cc未満=5000円
125cc以上=20000円
特になし 特になし 特になし
その他 ・24時間365日受付
・四輪対応
・宿泊先案内と手配
(1泊15000円/人)無償
・交通機関の案内と手配
(20000円/人)無償
・修理後運搬サービス
(50000円まで無料)
※仕事中の運転は対応外
・24時間365日受付
・宿泊先案内と手配
(1泊15000円/人)無償
・交通機関の案内と手配
(20000円/人)無償
・修理後運搬サービス
(50000円まで無料)
・24時間365日受付
・四輪対応
・宿泊先案内と手配
・交通機関の案内と手配
・24時間365日受付
問合せ先 0120-554-819
ネット申込み不可
011-722-2881 0570-00-2811 052-883-0828

まとめ

実際に出かけてみると、案外「え?」っと思うようなアクシデントに遭遇したりするもんです。
管理人も、レッカーのお世話になったり、旅の途中で病院に通うことになったりいろいろありました。
備えあれば憂いなし。
お天気だって、予想外に雨続きで動けなかったりなんてこともあります。
そこはマイナスに考えずに、旅を楽しむ余裕を身につけたいところですね♪
あとで思い返せば、きっといい思い出になりますよ。

スポンサードリンク

 

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ