サイト管理者|Shinobu Yatsukawa

塩パイプで工具ケースを作ってみた

ロングツーリングには、車載工具だけではちょっと心配…でも荷物も多いし、取り出しにくいのも困る…
と、いうことで、塩ビパイプを使って工具入れを作ってみました。
このタイプの工具入れ、作っている人は多いのですが、単に蓋をして、ビニールテープで留めてるってパターンが多くて、ねじ式の蓋を使っている人は少ないです。
ただ、このねじ式の専用の蓋がけっこうどっしりと重いのです。
バランス的にどうかなぁと思ったけど、実際に取り付けてみると、全然気にはならなかったです。

シェルパの工具入れ 塩ビパイプで自作工具入れ 塩ビパイプで自作工具入れ
シェルパのノーマルの車載工具入れはこんな感じです 用意したのはこちら。

  • 塩ビ管(7.5㎜)
  • 塩ビ管用キャップ(7.5㎜用)
  • ジョイント金具
塩ビパイプはのこぎりでカットし、蓋とのジョイント部分は接着します。(雨対策)バイクとの取り付けはキャリアを留めているボルトを利用

 

右側にマフラー、左側に工具入れと、なんだか二本だしマフラーのような感じに仕上がりました。

スポンサードリンク

 

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ