サイト管理者|Shinobu Yatsukawa

タープ用ポールを自作

タープってあると快適。でも高いし、嵩張るしで、なかなか手が出せません。
なによりも曲者はポールで、単品でもありますが、重いし、思うようなサイズのものってなかなかありません。
最近はホームセンターで、お手頃価格のタープが販売されていますが、ポールはスチール製なのでけっこうな重量になってしまい、やっぱりバイクに積むには大きくて。
なので、作ってみました。

スポンサードリンク

 

100均グッズで作る自作ポールの作り方

使用したのは100均で売っているアルミとステンのポール。
本体にアルミの14mm、インナーにステンの12mmを使いました。

管理人
お金に余裕があれば、ホームセンターで好きな外径のものが手に入ります

これを金ノコかパイプカッターでカットします。
外側のポールの中に、1本目はそれより5cmほど長くカットした2mm細いポールを刺しこみ、接着します。
このときカットにより、 パイプの内側にバリができ、若干内側に入り込んでしまうので、やすりで削ります。
あとは同じサイズのポールを5cmずつずらして固定します。
トップ部分にはドリルで穴を空け、丸い木材を適当な長さに切り、短めのネジでとめます。
6cm程度の釘を半分くらい打ち込みできあがり。足の部分には椅子用のキャップをはめます。 (今回はジャストサイズがなかったので、薄いゴムを巻いて調整しています)

自作ポール pole4 pole1

 

これで、出来上がりサイズは14mm×182cm、重さは300gです。
持っていたペンタ型のタープ(320×400cm)についていたポールは19mm×220cmで760g

キャンプ用 自作ポール
二重構造にしてあるので、径の割りに剛性はあります。
ポールがあれば、ハトメ付きのブルーシートでもタープ代わりに使えるし、この構造だと長さも調整できるので便利です。
いくらでも好きなサイズのポールを手に入れることができます!

管理人
制作費は1本500円程度でできました!
スポンサードリンク

 

まとめ

100均だと、一番太くて14㎜のポールしか売っていないんですよね。
正直できれば、もう少し太いほうがいいかと思います。
やっぱり風が強いと曲がっちゃうんですよね。
あと、タープを止めるのに釘を使っていますが、雨風にさらされてると錆びてきますので、やっぱり安い分、耐久性は求めないでください(笑)

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ