サイト管理者|Shinobu Yatsukawa

夏の化粧直しと日焼け止め 女性ライダー必見!

女性ライダーにとって深刻な夏の悩みといえば、「日焼け」。
うっかりいい加減にしていると、夏の終わりには、頬骨のあたりはシミだらけ・・・
日焼け止めを塗っていても、ヘルメットの中ではすぐに汗をかいて、取れてしまうんですよね。

バイク 夏の化粧直しと日焼け止め
何十年もバイクに乗って、色々試してみた結果、日焼けしないためのベストな日焼け止めの選び方と、夏の化粧直しについてご紹介します。

知っておきたい日焼け止めのSPFとPAの数値

日焼け止めをよく見ると、SPF50とかPA++++という数字をよく見かけますよね。
SPFというのは、紫外線B波を何もつけない状態の時に比べて、何倍のスピードで肌が赤くなるかということを現しています。

管理人
日本人の場合は20分ほどで日にあたると肌が赤くなるといわれています。
なので、SPF30というのは、20分×30=600=10時間、日焼け除けの効果があるってことなんです。
管理人
PAというのは、紫外線のA波を防ぐのが何倍になるかってことで、最高は++++で、16倍になります。
ところで、A波、B波というのは?
A波は真皮まで到達して、コラーゲンなどを破壊してしまう紫外線。主に光老化の原因になります。(PA)
B波は表皮までしか届きませんが、エネルギーが強く日焼けの原因となる紫外線です。(SPF)
ところが、紫外線の95%は、A波。
日ごろからのケアが5年後、10年後の肌をつくるんですね。

紫外線は浴びた分だけ、しっかりとお土産がついてきます!

 

計算上は、朝1回塗ったら十分・・・

に、見えますが、これは皮膚1㎠に対して2㎎の日焼け止めを塗ったときの数値。
しっかり塗らないと、効果は半減。
だいたい表示の効果を得るためには、500円玉分くらい塗らなくてはなりません。

そんなに塗ったら白浮きするよね。
管理人
それにいくら塗ってもやっぱり汗で流れてしまうので、2時間に1回くらいは塗りなおしたほうがいいんですね。
ウォータープルーフの日焼け止めも汗で流れてしまいます。

美容部員に聞いた日焼け止めを塗っているときの夏のお化粧直しのやり方

夏のお化粧直し やり方

  1. リキッドファンデーション用のパフに、日焼け止めをなじませる。
  2. パフでファンデーションを拭き取るようにしながら、日焼け止めを塗りなおす
  3. 上からファンデーションを塗りなおす。



おすすめはパウダリーファンデーション
一見リキッドタイプのほうが日焼け効果があるように思いますが、パウダリーファンデーションや粉白粉は、粉体が細かく含まれている顔料などが紫外線散乱剤と同じような働きをしてくれるので、日焼け止め効果はこちらのほうが高いのです。

ツーリングにおすすめの日焼け止めの選び方は?

  • SPF30以上、++以上のもの
  • のびのがよく白浮きしないもの。ミルクタイプがおすすめ
  • ウォータープルーフ
  • 専用クレンジングなしで落とせるもの

管理人が選んだおすすめの日焼け止めランキング

【POLA】ホワイティシモ UVブロック シールドホワイト



  • ウォータープルーフなのに、べたつかず伸びのいいクリームタイプ
  • 紫外線吸収剤不要で肌にやさしい
  • 美容成分配合
  • アウトドアに嬉しい虫よけハーブの香り

虫が嫌うハーブの香り」アウトドアにぴったりですね♪

  • SPF50/PA++++
  • 50ml 4,104円
  • 1gあたり 82円

日焼け止めで4,104円は高いなぁって思ったんですが、
すごくのびがよくて、1本で140日間使えます。

no name
1日分に換算したらなんと29円!

商品情報はこちら

もう少し値段が安いほうがいいという方はこちら。

【ハクデイズム】サンプロテクトミルク


  • SPF50/PA++++
  • 30ml 1,944円
  • 1gあたり 65円

 

商品情報はこちら

メイクはしないし、敏感肌で日焼け止めは苦手という人にはこちらがおすすめ。

【HANA】オーガニックUVミルク ウェアルーUV


SPF30、PA++ですが、ファンデーションなしならマメに塗りなおせます。
植物由来のオーガニック比率98.5%だから、肌にやさしい。
クレンジングなし、石鹸で落とせる日焼け止めです。

  • SPF30/PA++
  • 30ml 4,320円
  • 1gあたり 144円

商品情報はこちら


日焼け止め対策にはサングラスは必須アイテム!
何気にまぶしいからとかけているサングラスは、瞳を日焼けから守るだけではなく、身体の日焼けも防止する効果があるって知ってますか?

人間の脳は、光を感じてまぶしいと思うと、メラノサイトにメラニンを作れという指令を出します。つまりこれがシミ、そして日焼けの素です。
でも、サングラスをかけることで、瞳がまぶしさを感じないでいると、この指令は送られません!
つまり、サングラスをかけることで、余分にメラニンを作るのを防御することができるんです!

まとめ

紫外線の95%といわれるA波は、雲やガラスも通り抜けてしまいます。
そして1年中降り注いでいるのです。
紫外線は浴びたら浴びた分だけ、のちに「肌老化」としてふりかかってきます

若いうちは夏の日焼けも秋には収まりますが、
浴びた分だけの紫外線は将来のいや~な貯金としてたまっていくのです!
5年後、10年後に後悔しないためにも、
日常生活でも、アウトドアでも紫外線対策はしっかりと!
50を過ぎた私が言っているのですから間違いありません!
面倒くさがらずにしっかりと日焼け止め対策をして、ツーリングを楽しみましょう♪

この記事がお役に立ちましたら、シェアしていただけるとと励みになります♪↓↓↓

ブログランキングもよろしく<m(__)m>

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ