サイト管理者|Shinobu Yatsukawa

今年の日焼け対策は【飲む日焼け止め】

ツーリングやキャンプは楽しいのですが、気になるのは「日焼け」ですね。
女子が日焼けを気にするのは当然のことながらも、
紫外線の弊害ってけっこう怖いんですよ。

紫外線は浴びたら、浴びた分だけ、ありがたくない「紫外線貯金」になってしまいます。
今日は、紫外線のお話を・・・

 

スポンサードリンク

 

私が若いころは、「小麦色の肌」が魅力的だとされる時期もあって、
夏の海辺では、サンオイルを塗って、肌を焼いている女性もたくさんいたものです。
芸能人なんかは、日焼けサロンに通っている人もたくさんいた時代です。

でも、私は常に日焼け止めをかかしませんでした。
絶対に焼くことはせずにこの年まで過ごしてきたわけですが、
それでも、焼けているんですよね。

紫外線と光老化

紫外線の弊害で何が怖いかというと、「光老化」です。
最近は、「活性酸素」という言葉がよく効かれますが、老化の原因がこの「活性酸素」

そして、活性酸素は紫外線を浴びることで、過剰に増えてしまうんです。

普通の老化とは違って、紫外線を浴びることにより活性酸素が過剰に作られて、細胞を壊してしまうのが「光老化」

こんなwebニュースをみつけました。

左側だけ太陽光を28年間浴び続けたトラック運転手、顔の左右で老化に大きな差が(米研究)

トラック運転手を28年間続けていた男性は、いつも左側から強い紫外線を浴び続けてきたことで、顔の右半分と、左半分の老化の速度が変わってしまったというのです。

光老化について
出典:カラパイア

紫外線による光老化の及ぼす影響は

肌は乾燥して、ハリがなくなり、
新陳代謝の鈍くなった肌は、皮膚が厚く固くなります。
当然のことながら、肌はガザガザでくすんできます。
シミも当然のことながら増えます。

美容だけの問題ではありません。
皮膚がんになるリスクも高まります。

そこで「日焼け止め」なんですが・・・

日焼け止めに表示されている「SPF」「PA」の意味

SPF=UV-B波の防御力
日光に当たって皮膚が赤くなるまでの時間が、つけた場合どれだけ伸びるかという数字です。

日本人の場合は、赤くなるまでの時間は約20分といわれているので、
SPF20だと、20分×20=400分。

PA=UV-A波の防御力
つけることで、2~4倍にのばすものは PA+
+が増えるごとに、倍率が増えていきます。

400分といえば、6時間ほどなので、けっこう十分な時間に思えますが
これは、1平方メートルに2㎎塗って得られる効果。
これがどのくらいかというと、顔でいうと500円玉1枚分。

実際、日焼けを気にする女性といえども、これだけの分量を塗っている人はまずいません。

さらには、汗などで流れるので、数時間ごとに塗り直しが必要。

日焼け止めをぬっているのに、焼けてしまうというのはこういうことなんですね。

そこで!

昨年から話題になっているのが、「飲む日焼け止め」です。

昨年に「ほんまでっかTV」で紹介されて、効果は期待できそう。

もともとは、美容皮膚科で処方してもらうか、平行輸入でしか買えなかった飲む日焼け止めなんですが、
今年になってから、日本で販売が始まっています。

色々種類はあるのですが、私は「雪肌ドロップ」を飲み始めています。

今年になって日本製の日焼け止めサプリが発売されています。

⇒2016年注目の飲む日焼け止め

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ