サイト管理者|Shinobu Yatsukawa

【やらなきゃ損】ふるさと納税でお得に節税!2016年はさらに手続きも簡単に!

最近よく耳にする「ふるさと納税」
実際のところ、何がどう得なのか、
どうやったらいいのか、意外と知らない人が多いみたいです。

かくいう私も、去年がそうでした。
色々調べてみて、こんなお得な制度はやらなきゃ損!と気が付いて、去年から利用させていただいています。
まだやっていない人は、是非是非、やってみられることをお勧めします!

ふるさと納税とは?

自分の選んだ自治体に寄付をすると、2,000円の負担金だけで、支払った金額が税金から控除される

例えば2016年1月1日~12月31日までの間に4万円ふるさと納税したとすると・・・

一例として

  • 佐賀県嬉野市に20,000円寄付・・・A5サーロイン ステーキ用600g(3枚入りセット)
  • 佐賀県唐津市に10,000円寄付・・・夢しずく 15kg
  • 北海道八雲市町に10,000円寄付・・・毛ガニ 500g×2杯

などがお礼の品として受け取れて、
翌年2017年の確定申告、
もしくは6月決定する市民税から38,000円分が還付、あるいは支払うべき税金から免除されます。

つまり、たったの2,000円の負担で、これだけのものがもらえるというわけなんです!

ただし、所得や家族構成によって、寄付金の上限があるので、
限度額を超えての寄付は、免除にならないので、限度額ギリギリあたりを狙うのがベターです。

だいたいの目安はこんな感じです。

こちらで、限度額のシュミレーションができます。

⇒控除シミュレーション

ふるさと納税のやり方は?

  • 寄付する自治体を選ぶ
  • 寄付をする
  • 翌年確定申告をする

ここでめんどくさそうなのが、実際に寄付する方法と、その後の控除手続きなんですが・・・

支払い方法は、
コンビニ決済もできますし、らくちんなのはクレジット決済です。
後日寄付受領証明書が届くので、それで確定申告をするのですが・・・

  • サラリーマンの方
  • 寄付する自治体が5自治体まで

「ワンストップ特例制度」といって、翌年の住民税から税額控除を受けられます。

決済時に、「ワンストップ特例制度の申請をする」にチェックをいれるだけで確定申告は不要になります。

ワンストップ特例制度とは?

一定の条件を満たしたサラリーマンの方は、ワンストップ特定制度を利用すれば確定申告が不要になります。
ただし、別途手続きが必要です。

  1. ふるさと納税サイトから、申告特例申請書をダウンロードします。
  2. 申請書に必要事項を記入します。
  3. 必要書類をそろえて郵送します。

⇒ワンストップ特例制度をもっと詳しく

必要書類とは?

マイナンバーを証明する書類で、以下のいづれか。

マイナンバーカードの写し

以下のどちらか

  • 番号通知カード(写し)もしくは住民票(番号あり)(写し)
  • 運転免許証(写し)もしくはパスポート(写し)

以下のどちらか

  • 番号通知カード(写し)もしくは住民票[番号あり](写し))
  • 健康保険証および年金手帳など、提出先自治体が認める公的書類2点以上の写し

※申告特例申請書の送付は、寄付ごとに必要になります!

管理人
う~ん、ちょっとめんどくさそう…

意外と簡単!ふるさと納税の確定申告

  • 「ワンストップ特例制度」の条件に当てはまらない人
  • 「申告特例申請書」を送るのが面倒な人

こちらのサイトでは、ネット上で5分でできる「カンタン確定申告」のサービスを2017年1月から提供予定となっています。

5分でできる「ふるさと納税」簡単確定申告>

こちらのページをお気に入りに登録しておいて、来年1月に手続きすれば、それで完了します!

なんだかよくわからない、という人は、

とりあえず、シュミレーションでおおよその限度額の目安を計算して

お目当てのお礼の品から寄付する自治体を決めて

送られてくる寄付受領証明書をなくさないように取っておく

来年1月になってから、こちらのサイトで、「カンタン確定申告」をする

それだけでOKです。

ふるさと納税でもらえるプレゼント

ふるさと納税 お礼の品
ふるさと納税でもらえるプレゼントは、多種多様。
お肉、海産物、農産物などの食品から、インテリア、家具、電化製品、雑貨、ファッション、美容関連グッズ、各種イベントなどのチケット、宿泊チケット、スキーチケット、ゴルフチケット・・・

とにかくあらゆるものがあります。

裏技として、入手困難な花火大会の桟敷席や、チケットがお礼の品として選べたりもします。

やる、やらないは別として、とにかく見ているだけで楽しいです!

私は今回、北海道関係では、

  • 猿払村の冷凍ホタテ
  • 白老町のサーロインステーキ

を申し込みました。

他は、フグ鍋セットや、ハム・ソーセージの詰め合わせ。

ふるさと納税 白老牛

ふるさと納税 ふぐ鍋

 

あ、春には熊本県菊池市にも寄付しました。
こちらは、災害関連の寄付なので、お礼の品はなしです。

私が使ったのは、こちらの二つのサイトです。

ふるさと納税が初めてという方は、カンタン確定申告のできるさとふるがお勧め。

ゆっくり、商品を吟味したいという人は、ふるさとチョイスがお勧め。
とにかく商品数が多いです。
見ているだけで数時間くらい使ってしまうので要注意!

他にもこんなふるさと納税もあります。

ふるなびグルメポイント

こちらのサービスは、寄付をしてもらえる「お礼」が品物ではなくて、「ポイント」でもらえて、そのポイントで提携のレストランなどで飲食ができるというサービスです。

寄付は三重県明和町、岐阜県池田町、茨城県古川町。

つまり、

  • 松坂牛
  • 飛騨牛
  • 常陸牛

が、食べられるというわけです。

提携しているお店は、東京、大阪、名古屋のみになります。
いづれも予約制なので、ゆっくりとグルメを堪能できます。

最近では楽天でも「ふるさと納税」をやっています。

⇒楽天市場のふるさと納税

2016年 ふるさと納税のまとめ

「一番簡単に手続きを済ませる方法は、クレジットカード支払いで確定申告する」

という方法になりますが、
2016年度分として申告するには、2016年12月28日までにカードの引き落としができていなければいけません。
たいていのクレジットカードは、月末〆の翌15日、27日支払いで、11月中に申し込めばギリギリ間に合う計算になりますが、よくわからないという方は、クレジット支払いを選ばずに、コンビニ振り込みしたほうが確実です。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ