サイト管理者|Shinobu Yatsukawa

アウトドア料理 初心者でもできる簡単調理のコツ

さて、キャンプツーリングデビューはしたものの、調理はしないという方。
バイクだと、料理道具もしれてるので、大した料理はできませんが・・・

まずは、お湯でもわかしてレトルトカレーでも。
温かいものを食べると心がほっこりします。
キャンプ場での時間を楽しむ余裕がでてきたら、アウトドア料理にチャレンジしてみませんか?

スポンサードリンク

 

最初に用意する調理道具は?

ずばり!フライパンです。
確かにちょっと嵩張りますが、これ一つあればなんでもできちゃいます。
逆にコッヘルだけだと、サトウのご飯を温めるにもサイズが小さいし、
みんなであつまって鍋でもしましょ!となってもやっぱりサイズが小さい・・・

キャンプ用の持ち手がたためるタイプは便利ですが、高いので普通にホームセンターで売っているので十分です。
ひとりなら20㎝サイズのものでも十分。
余裕があればもう少し大きめでもいいけどね♪

初心者
でも、炒め物って油持って歩くのはちょっと面倒だね。

キャンプ用のスプレー式の油もありますが、ちょっと割高。そんなときは!

  • 鶏肉は皮から油がでます。フライパンをしっかり熱して、鶏肉を皮側から焼けば油いらず!
  • ツナ缶やオイルサーデンのオイルも調理に利用しましょう!
  • 万能調味料の「マヨネーズ」これも油がわりに使えます!
管理人
料理とは言えないけど、缶詰をあっためるだけでおいしいよ♪
オイルサーデン
  1. オイルサーデンの缶を開けたら、油を捨てる
  2. 玉ねぎスライスと生姜の千切りをのせる
  3. 醤油を少したらす
  4. あったまったら出来上がり♪
管理人
↑酒のつまみにさいこう!そのまま食べるより絶対おいしい♪

生姜は常温で日持ちするので、料理付きなら生の生姜を持って走るのもおすすめです♪
すりおろして紅茶に入れて、朝はジンジャーティーで♪

2番目に用意する調理道具は?

ハサミそれは・・・

ハサミです。

まな板代わりに牛乳パックを開いたものを持って行って捨ててきてもいいし、包丁&まな板ではなく、クッキングばさみも便利です。
1人前で作る量ってしれてるから、わざわざまな板を汚さなくてもハサミでチョキチョキ。
たいていのものは切れますよ~

管理人
クッキングばさみでなくても大丈夫♪
私は100均の植木用のはさみをつかってます。
軽くてよく切れる!

 

スポンサードリンク

 

3番目に用意するものは?

それは・・・

めんつゆです。
既に味ができあがっているので、何にでも使えます!
普通にそうめんのつけだれに使えるし、
煮物や炒め物も隠し味に。
ホイル包焼きにめんつゆを入れてもOK。
できるだけ濃縮の濃いものが、少量でたくさん使えるので便利です♪

管理人が持ち歩く調味料はこれ

cyoumiryou2

  • 醤油
  • コショウ
  • 固形スープの素
  • マヨネ ーズ
  • サラダ油

キャンプツーリング 調味料

  • 鶏がらスープの素
  • チューブでバター
  • オリーブオイル
  • めんつゆ(濃縮タイプ)
  • オイスターソース
  • ポッカレモン
  • 甘味料(砂糖)
  • 味の素
  • 鷹の爪
  • カレー粉
  • ごま油
  • 味噌
  • バジル
  • 片栗粉

 

容器はよく使う醤油、めんつゆは200~300CCのペットボトルに、
その他の粉物は写真のフィルムケースに入れています。
最近はフィルムケースは入手困難になってきましたが、やっぱり便利ですね。

 まとめ

とはいえ、一人だとなかなか自炊ってむずかしいですよね。
材料が微妙に余ったりとかね。
何人かで、まとめて買い物して一緒に作るのも楽しいですよ。
雨の日に、餃子を作ってみたり、フライパン一面の巨大ハンバーグを作ってみたりしたこともあります♪

管理人
キャンプ場であったら、一緒にクッキングしましょうね♪

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ