サイト管理者|Shinobu Yatsukawa

キャンプツーリングでのランタン・ライトの選び方

最近のキャンプ場は設備もよくて、それなりに灯りはありますが、場所によってはトイレですら灯りがつかないようなところもあります。
テントの中も真っ暗ですから、最低限の灯りは必要です。
あえて、ランタンではなく、ヘッドライトや簡単な懐中電灯のようなものでもいいので、最低限の灯りは持っていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

ランタンの選び方 燃料について

キャンプツーリング ランタンの選び方

メリット デメリット
LPガス
  • 種類が多い
  • それなりに明るい
  • カセットガスに比べて燃料が手に入りにくい
    ※ホームセンターなどで入手可能
  • カセットガスに比べて価格が高い
カセットガス
  • 燃料がどこでも手に入る
  • LPガスに比べて価格が安い
  • それなりに明るい
  • 種類が少ない
ガソリン
  • 他のものに比べて断然明るい
  • 最悪ガソリンが使える(機種による)
  • ポンピング作業が必要
  • 嵩張るタイプが多い
電池
  • テント内で安心して利用できる
  • 予備のマントルが必要ない
  • 嵩張るタイプのものが多い
  • 電池の消耗が早い
  • ガスやガソリン式に比べて暗い
ろうそく
  • 予備のマントルが必要ない
  • ランタンそのものの価格が安い
  • 軽く、コンパクトに収納できる
  • ガス式に比べて暗い
  • 風に弱い
  • メンテナンスが必要(マントルにロウがつく)

最近はLEDとエネループの普及で、電池式もお勧めです。

 

スポンサードリンク

 

ランタンを選ぶ際の注意点

どのくらいの明るさが必要?

たいていのキャンプ場では、夜間水銀灯がついたりしますので、どこまでの明るさを求めるか、ということになりますが、これはもう好みの世界でしょう。手元が見えないほどでは困りものですが、雰囲気を楽しむのなら、ろうそくランタンでも充分かもしれません。またあまり明るすぎると、虫が寄ってきますので御注意を!

燃料は何にする?

できれば、ストーブを同じ燃料タイプで選ぶ方が、別々に燃料を持たなくていいのでベストです。

その他の注意点

ガス・ガソリンランタンはマントルが必要です。マントルは壊れやすいので、必ず予備を携帯しておきましょう。
移動時は衣類の間に挟むなどして、振動が伝わらないようにしましょう。

ヘッドライト・ライト

最低でもコレだけは必要!

ヘッドライト、マグライトなど、最低でもテント内で使える灯りを確保しておきましょう。真っ暗では何もできません!最近はやりのLEDライトは、玉切れもなく、電池の持ちもいいし、コンパクトなのでお勧めです。ヘッドライトは両手が使えるので、重宝します。

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ