YouTubeも頑張ってます!ここをポチッとチャンネル登録してもらえると嬉しいです♪

軽自動車+タープ自作 エブリイワゴン サイドタープなんちゃってオーニング

軽自動車にも装着できるサイドオーニング。キャンピングカーフェアに行くたびに、欲しいなぁ~と思うのですが、一人の設営って大変そうだし、電動で簡単なのは値段も高いし、重量も気になります。なんとか、愛車エブリイワゴンに簡単にタープをくっつける感じで自作のカーサイドオーニングができないかと模索していました…

スポンサーリンク

車中泊 日よけ・雨よけに欲しいサイドオーニング

サイドオーニングというと、キャンピングカーで、サイドルーフからでてくる折り畳み式の屋根です。
巻き上げて収納できるようになっていて、屋根の上にはそれ用の収納ボックスがつきます。もちろん軽自動車用もあって、最初からサイドオーニングが装備された軽のキャンピングカーもあります。
手動のもので10万円近く、電動のものなら30万円ほどになるものも!

手動のものの設置も考えてみたんですが、

  • 二人一組で設営しないと設営しづらい
  • 片側が重量が増えるので運転しにくそう

まぁ、なんといっても、本音は「高い!」から断念してきたんですが…

最近は、車中泊ブームなのか、種類も増えて、ちょっと値段も下がってきています。

次の候補は、カーサイドシェルター。

これは、キャンプ用品メーカーが出している、サイドに取り付けるハーフリビング。カーサイドタープともいうみたいですね。
これも最近、いろんなメーカーから、いろんなタイプが出てきて、私が自作タープを作った時よりも選択肢は増えてきています。

ただ、やっぱり、軽自動車だと、車長が短い分、いづれも帯に流し、たすきに短しって感じなんですよね。

自作サイドオーニング取り付け

これも、最近キャプテンスタッグ
から、サイドタープ取付用の金具が販売されるようになりました。

これ、私は探しきれなくて。

お金をかけない!

が基本なので、園芸用の鉄の支柱をルーフキャリアに固定。
タープの穴に合うサイズのボルトを取り付けました。

カーサイドタープ自作

ただ、角度や風によって、取り付け部分が動くので、風の強い日は、蝶ネジで止めるようにしました。

市販の取付金具より高い位置に設置できるので、天井高が高くなるのはメリットかも。

自作オーニング エブリ

後日、と友達の車屋さんに車検に出していたら、見た目が悪いからと、ステンレスの物干しざおに代わっていました(笑)

設営動画はこちら。

エブリィ改造 女子おひとり様車中泊 簡易タープ自作

自作サイドオーニング 幕体のサイズ

ずっと、構想はあったものの、なかなか完成しなかったのは、愛車エブリにジャストサイズの幕体(タープ)が見つからなかったからなんですが、ようやく、ジャストサイズのタープを見つけました!

エブリの車長は330㎝ほどですが、平らな部分って、ギリギリで210㎝ほど。
このサイズのタープってなかなかなくて。
ブルーシートも考えましたが、見た目の問題もあるけど、ブルーシートってかさばるし、劣化も早いし。

スポンサーリンク

そしてみつけたのが、このシートです。

Amazon | YUEDGE 防水タープ 天幕シェード タープUV 日焼け紫外線カット 多機能タープ 超軽量携帯便利タープセット 屋外キャノピーテント タープ シェルター(M アーミーグリーン) | Nikitea | スポーツ&アウトドア
YUEDGE 防水タープ 天幕シェード タープUV 日焼け紫外線カット 多機能タープ 超軽量携帯便利タープセット 屋外キャノピーテント タープ シェルター(M アーミーグリーン)がスポーツ&アウトドアストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

210×300㎝。

裏面は、UV加工のようになっています。

カーサイドタープ自作使った幕

もちろん、付属のペグや、引き綱はちゃちすぎて使いません。

4隅と、長いほうの真ん中、合計6か所に取付用のひもがついてるだけ。
なので、車体につなげるほうには、真ん中に1か所穴をあけて、3つハトメを打ちました。

通常はこんな感じで設営しています。

エブリカーサイドオーニング自作

設営が面倒な時はこんな感じで。

車2台の時は、こんなバリエーションも。

自作サイドオーニング

伸長式の物干しざおにしたので、長さを変えて、縦横をかえた設営もできます。

さすがに2年使うと自分で作ったハトメもはずれてきたり、生地の撥水効果も薄れてきました。
まぁ、値段が値段なんで、また幕体だけ交換すればいいかな。
わざわざハトメを打たなくても、こういった金具を利用すればさらに簡単に自作タープができますね。

その後…

ある程度劣化してきたので、買いなおしたのですが、こちらは、最初からハトメもついてて、なかなかの優れものでした!

Amazon | キャンプ テント Linkax 防水タープ UVカット 天幕シェード タープ テント ポータブル アウトドア 収納袋付き 多サイズ (3*3m/3*4m/3*5m)2-6人用 | Linkax | タープ
キャンプ テント Linkax 防水タープ UVカット 天幕シェード タープ テント ポータブル アウトドア 収納袋付き 多サイズ (3*3m/3*4m/3*5m)2-6人用がタープストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

まとめ

車中泊でサイドオーニングを展開するのは、やっぱりキャンプ場でないと無理ですが、日よけ・雨除けだけでなく、出しっぱなしの荷物が夜露に濡れる心配もないので、横づけできるオートサイトだと、たいてい使っています。
難をいうと、設営してしまうと車を動かせないのがデメリットですね。

こちらの記事もおすすめです。

軽自動車で車中泊、改造のポイントは?自作DIYでどこまでできる?

旅の資金を増やしてみませんか?

【関連記事】

コメント

タイトルとURLをコピーしました