YouTubeも頑張ってます!ここをポチッとチャンネル登録してもらえると嬉しいです♪

車中泊用カーテン100均他お金をかけないDIY

車中泊での必須アイテムといえばカーテンですね。でも車種別のオーダーカーテンというと値段が高くて手が出ません。
カーテンそのものは、割と簡単に作れそうだけど、問題はカーテンレールですよね。どうやって車に取り付けるか?
素人女子のお金をかけないなんちゃってDIYを紹介します。

スポンサーリンク

カーテン自作一番簡単な方法は?

まずは運転席、助手席、後部座席のカーテン。
運転席の仕切りカーテンならば、突っ張り棒でなんとかなりそうですが、窓用のカーテンというとやっぱりカーテンレールが必要になりますよね。

車専用の曲げたり、カットしたりできるカーテンレールも販売されてるけど、
そもそも曲げてしまうと、カーテンの形状が変わってきて、カーテンを作るのが難しくなりそうです。

そこで私が選んだのは、これです。

Amazon.co.jp: 簡易カーテンレール ワイヤーレール90(止め具付き) : ホーム&キッチン
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、簡易カーテンレール ワイヤーレール90(止め具付き)を ホーム&キッチンストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。

ワイヤー式のカーテンワイヤー。
実はこれ、金具はねじ込み式になっていて、ラジオペンチで簡単にカットできるんです。

これを前座席から、後部座席までに取り付けました。
エブリワゴンは、内装がついていますが、内装に穴をあけちゃいました。
鉄板むき出しのエブリバンは使えない技ですね。

車中泊カーテン自作

車中泊カーテン自作

これは、もともと吸盤取付式の車用社交カーテン。
吸盤取付式だと、その都度取り付けないといけないのでなかなか面倒ですよね。
結構透けてますが、寝るときはこれで問題なし。

ワイヤーは、後部座席まで引っ張っています。

後部座席側は、ニトリの暖簾をとりつけました。

これは、もともと吸盤取付式の車用社交カーテン。

長さは修正してあります。

これは、もともと吸盤取付式の車用社交カーテン。

暑い時は、後部座席のドアを開けてくつろぐことが多くて、そうするとこういう長めのカーテンがいいんですよね。

100均の突っ張り棒2本でロールカーテンを作った

助手席後ろのカーテンは、レースカーテン+目隠しで簡易的なものだったので、今回ロールカーテンを作りました。

100均で車中泊カーテン

面倒なので、布用ボンドで全部作っちゃう予定だったんですが、やっぱり、突っ張り棒の荷重がかかるので、突っ張り棒のところは手縫いしました。

巻き上げは、ヘアゴムで。

スポンサーリンク

車中泊ロールカーテン100均

車への取付は、天井収納からのばしているポールに、結束バンドで取付。
取り付け部分は、カーテンに穴をあけてハトメしてあります。

車中泊自作ロールカーテン

リアゲートカーテン

こちらは、汎用品を購入。
車中泊カーテン リア

ピラー部分に金具を差し込むだけで取付できます。

車中泊カーテン 安い

後から考えたら、クリップで代用もできそうだなと。

車中泊カーテン 簡単とりつけ

私がかったのは、こちらなんですが

カーテンはワンセットだけど、取り付け金具は3セットついてました。

なので、こちらを利用して、運転席と後部座席の仕切りカーテンも作ってみました。

車中泊 自作カーテン

こちらは、カーテンワイヤーをカットしてひっかけただけです。

最初は突っ張り棒で作ってみたんですが、やはり屋根の形状が平らじゃないので、よく落ちてきてしまってました。
家にあった端切れで作ったので、まとまり感は全然ないですが、何とか用を足してくれています。

関連記事
車中泊100均グッズでDIY!使えるもの使えないもの買って後悔したもの

まとめ

基本は、銀マットをカットした自作のシェードをつかっているのですが、とりはずしがめんどうなので、寒さを感じる時期以外はカーテンをメインに使っています。
本当は記事を統一したほうがおしゃれな感じになるんですけどね~。「お金をかけない」がモットーなので。
見た目重視の方には向かないかもです(‘◇’)ゞ

旅の資金を増やしてみませんか?

【関連記事】

コメント

タイトルとURLをコピーしました