SSL化についての備忘録。自分用メモです。SSL化って何?どうしてSSL化したほうが良いの?ということは、ここではあえて説明しませんのであしからず(笑)
簡単にいうと、http://のアドレスをhttps://にする方法です。

SSL化の手順

    1. サーバーにて、独自SSL(無料)の設定
    2. 内部リンク相対パスの場合は書き換え、もしくは絶対パスに変更
    3. 301リダイレクトの設定

    エックスサーバーでのSSL化

    サーバーパネルのドメイン設定

    エックスサーバー SSL化

    SSL設定をクリック

    エックスサーバー SSL化

    該当ドメインの「選択する」をクリック

    「独自SSL設定の追加」タブをクリック

    エックスサーバーのSSL化

    「独自SSL設定の追加」タブをクリック

    エックスサーバーSSL化

    ここまでできたら、あとは、内部パスの変更と301リダイレクトの設定です。

    WXPサーバーでのSLL化

    WXPサーバーは、エックスサーバーのワードプレス専用サーバーです。
    通常ワードプレスで、SSL化する際には、記事内の画像やリンクのURLが、絶対パスで「http://ドメイン・・・」となっている場合が多く、SSL化にあたっては、ここを「http」から「https」に変更しなくてはなりません。
    これはプラグインを使うことで可能ですが、ひと手間かかるわけです。

    が!WPXはさすがワードプレス専用サーバーとあって、なんとSSL化はボタンをクリックするだけで完了!
    301リダイレクトもやってくれるすぐれものでした!

    WPXサーバーのSSL化

    コアサーバーでのSSL化

    まず、コアサーバーですが、古いバージョンの管理画面からは設定ができません。
    その場合は、ログイン後の画面で、「新コントロールパネル」をクリックします。

    左メニューの「サイト設定」をクリック

    コアサーバー SSL化

    該当ドメインをクリック

    コアサーバーのSSL化

    「サイト設定の変更」をクリック

    コアサーバーのSSL化

    画面中ほどの「無料SSL」を選択し、「サイト設定を変更する」をクリック

    コアサーバーのSSL化

    コアサーバー SSL化

    同系列のXREAサーバーもほぼ同じ工程。

    さて、ここまで設定して、
    https://〇〇〇・・・でアクセスすると・・・

    SSL化 エラー

    原因は、www.無しでのアクセスを「wwwあり」に転送をかけていたことでした。
    この場合は、www.ドメインの方も同じようにSSL化しておかないといけないということです。
    このエラーを解決するのに無駄に時間を過ごしました(-_-;)

    サクラサーバーでのSSL化

    サクラサーバーって料金も安くて、サクラブログも作れるとあって、初心者の利用者が多いサーバーですが、ちょっとややこしいんですよね。
    私も使い慣れるまでは、そもそも管理画面に到達するまでがなかなかでした。
    アカウントとパスワードがいくつかあって、どれがどれ?って感じで。
    各種設定は、コントロールパネルから入ります。

    左メニューの「ドメイン/SSL設定」をクリック

    サクラサーバーのドメイン設定

    該当ドメインの「登録」をクリック

    サクラサーバー SSL化

    「無料SSLの設定に進む」をクリック

    サクラサーバーSSL化

    「無料SSL化を設定する」をクリック

    サクラサーバー SSL化

    ロリホップサーバーのSSL化

    左メニュー「セキリティ」の「独自SSL証明書導入」をクリック

    ロリホップ SSL化

    「SSL保護されていないドメイン」の中から該当ドメインをチェック。

    スクロールしていくと、「独自SSL(無料)」というのがあります。

    ロリホップサーバー SSL化

    「独自SSL(無料)を設定する」」をクリック。

    『×SSL保護無効』が、『SSL設定作業中』になればOK。

    しばらくすると、「SSLで保護されているドメイン」タブに該当ドメインが表示されます。

    ミニムのSSL化

    サイトマネージャーにログイン。

    左メニューなかほどの「フリーSSL」をクリック

    該当ドメインの横の「フリーSSL利用」の「利用する」ボタンをクリック

    ミニムの場合は、管理画面から301リダイレクトの設定ができるようです。
    必要であれば、リダイレクト卵の「利用する」をクリックすればOK。

    まだやっていませんが、エクストリムサーバーもほぼ同じ仕様なのでやり方は同じでは?と思われます。

    301リダイレクトの設定

    301リダイレクトとは、http://ドメインでアクセスしたときに、https://へリダイレクトさせるための設定です。
    ルート直下の.htaccessファイルを設定します。

    ほとんどのサーバーで記述方法は同じですが、サクラサーバーだけは別になります。

    https&WWWありに設定する場合

    RewriteEngine on
    RewriteCond %{HTTPS} off
    RewriteRule ^(.*)$ https://www.ドメイン.×××/$1 [R=301,L] RewriteEngine on
    RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(ドメイン\.×××)(:80)?
    RewriteRule ^(.*) https://www.ドメイン.×××/$1 [R=301,L]

    https&WWWなしに設定する場合

    RewriteEngine on
    RewriteCond %{HTTPS} off
    RewriteRule ^(.*)$ https://ドメイン.×××/$1 [R=301,L] RewriteEngine on
    RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(www\.ドメイン\.×××)(:80)?
    RewriteRule ^(.*) https://ドメイン.×××/$1 [R=301,L]

     

    エックスサーバーマニュアルだとこんな感じで書かれています。

    RewriteEngine On
    RewriteCond %{HTTPS} !on
    RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

    サクラサーバーでの設定

    サクラサーバー、なかなか難しく、ドメインによって成功しなかったり?

    RewriteEngine On
    RewriteCond %{ENV:HTTPS} !^on$
    RewriteCond %{HTTP:X-Sakura-Forwarded-For} ^$
    RewriteCond %{REMOTE_ADDR} !=サーバーのIPアドレス
    RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

    あるいは

    RewriteEngine on
    RewriteCond %{HTTP:X-Sakura-Forwarded-For} ^$
    RewriteRule ^(.*)$ https://ドメイン.×××/$1 [R=301,L]

    WPでのSSL化での注意点

    ほとんどのエラーは、記事内の内部リンクや画像のURLがhttp://になっているのが原因です。
    置換プラグインを使って、一斉置換が簡単ですが、単に

    http:// ⇒https://

    だけの置換だと、外部サイトへのリンクURLが変わってしまいます。
    あくまでも置換するのは、自サイトの記事、画像。

    なので、

    http://ドメイン/⇒https://ドメイン/

    を変更します。

    まれに、WPのテーマによっては、SSL化に成功しても、URL表示欄に鍵マークに×がついていることがあります。
    たいていは、テーマの方の問題なので、テーマの配布先に問い合わせか、ひとつづつ自分でチェックして治すしかありません。

    最近の更新型のWPサイトの場合、はてぶやFB、tuitterの「いいね」もサイトのURLが変わることで、カウントされなくなります。
    これも対策プラグインがでています。
    対策プラグインはこちら。

    SNS Count Cache