起きて車の中でダラダラしてたら、またもやゲリラ豪雨!
ここんとこ毎日です。おかげで汚れたボディがきれいになっていいけどー。でも走ったら同じだしね。
なんて思ってたら、その後はお日様も出てきて、まぁ、前よりきれいになったエブリで出発。

夜遅くついてみれなかった胎内観音。「青銅日本一の観音」らしいです。
まぁ記念写真だけでも・・・。

東北ツーリングの予定で南下したのだけど、大人の事情で、行くべき日に行くべき場所ができてしまい、帳尻合わせの旅は、既に東北圏内を脱出して甲信越へ。

走っていると、「大沢鍾乳洞」という看板を発見!
これは、穴好きとしては見逃せません!

駐車場からは300Mとある。
昨日の歩きに比べたら楽勝・・・と思っていたら、けっこうな山道でした。

絶対車は行ってるよな~という林道を進むと、なんと普通に家がありました!

ここからが山道。
しばらく行くと開けた広場に東屋までありました。

が!

え?

そうなんです。こないだ北見洞窟で学習していたはずなのに、「300M」に騙されて持ってきませんでした。
そして、高々300Mとばいえ、もう一度引き返すのにはつらい行程。
おまけに、すべってすってんころりん。
入り口だけ覗いて撤退しました。
まぁ、今日は下見ってことで(”◇”)ゞ

本日のメインイベントは、松代の棚田。
ツーリングマップルに乗っているのは、星峠の棚田ですが、十日町には他にも棚田が沢山あります。
ツーリングマップルの大雑把な地図でたどり着けるか不安でしたが、しっかり案内看板もあり、駐車場もあり、展望所もあり、至れりつくせりで迷うことはありませんでした。

棚田というと、やっぱり田植のころの水が入っている水田風景。
今はというと、黄金色に色づいた稲穂が美しい・・・はずなのですが、台風一過の後で、なぎ倒された稲穂はちょっと寂しい風景でした。
田植えのころに訪れてみたい場所ですが、その時期はプロアマ問わず、カメラマンで場所取り合戦になるのでしょうね。

近くには美人林という名所も。ブナ林ですが、ブナの立ち姿が美しいことから、「美人林」と呼ばれているそうです。

道沿いに、「錦鯉 ゆうパック」の看板!?
小千谷は錦鯉の町なんですねー。

今日のもう一つのイベントが、「野沢温泉」。
ここは昔ながらの温泉街ですが、無料で入れる立ち寄り湯が13個もあるんです。
しかしながら、小さな温泉街。無料で車を停められる場所はありません。(正確には町はずれに一つあります。)
何も知らずに温泉街の中に入っていって、えらい目にあいました。
曲がりくねった細い坂道。
走っているうちに方向もわからなくなり、ぐるぐる回って、ようやく駐車場を発見。
2時間までで普通車は300円。ここで、案内図をもらいます。
あとから思ったら、最初に観光案内所に行くべきでしたね。
車を停めた場所から一番近い外湯、横落の湯に行ったのですが、もう熱くて熱くて入れませんでした!

で、次に行ったのが、「新田の湯」。こちらは、なんとか入れました。
排出量の多さと、誰かが入って水で薄めているかいないかで湯音がずいぶんかわるようです。
温泉は嫌いじゃないけど、熱いお湯が苦手なので、2湯でギブアップ。
次に行くときは、まずは観光案内所で情報を仕入れてから、もう少し時間に余裕をもっていきたいですね。
温泉街には、おしゃれなバーなんかもあるので、素泊まりで安宿に泊まって、温泉巡りがいいのかも。

さて、本日のお宿。
今日も近くにめぼしいキャンプ場がなく、道の駅泊まりになりました。
初めて行く場所って、やっぱり到着するまでドキドキ。
昨日の道の駅胎内では、誰もいなくて一人で、それはそれでドキドキ。
今日の北信州やまのうちは、国道沿いなので、けっこう車の音がうるさそうです。